完全無料で予想公開

全レースを完全無料で予想公開。50~65%と安定した的中率を無料でご覧頂けます。自信があるから過去の予想も完全公開!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞のレース展望


【天皇賞(春)のレース展望】

天皇賞(春)は、京都競馬場の芝3200メートルで行われる古馬最強ステイヤーの決定戦。今年は16頭の古馬ステイヤーが出走する。


注目は目下重賞2連勝中のアイポッパー。これまでの道のりは決して平坦なものではなかった。2005年のメルボルンカップは、3番人気という高い評価を得ながらまさかの12着という屈辱を味わう。その後、6戦したが1つも勝ち星を挙げる事ができなかった。もう限界かと思われたが、2006年暮れのステイヤーステークスで2着トウカイトリックを3馬身も離す圧勝で復活。そして前走の阪神大賞典では勢いのあるドリームパスポートを抑えての勝利。自身初の3連勝を天皇賞(春)で飾り、悲願のG1馬となることができるだろうか。


そして、次の注目馬はデルタブルースだ。デルタブルースは2005年の菊花賞馬でもあり、2006年の昨年は、天皇賞(春)と同じ距離で行われるメルボルンカップで見事優勝している。前走の阪神大賞典はメンバー中、最も重い59キロを背負ってのレースだったこともあり4着だった。しかし、定量戦の天皇賞(春)なら巻き返しも可能。菊花賞馬の意地を見せて欲しいところだ。


その他の有力馬は以下の通り。昨年のクラシック2冠馬のプライドを取り戻せるか、前走の大阪杯で快勝したメイショウサムソン。3000メートル以上のレースで安定感のあるトウカイトリック。4歳になってから本格化してきたダークメッセージ。父に恥じない走りを見せれるか、サンデーサイレンス最後の世代マツリダゴッホ。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

≪ 【天皇賞・春】デルタに自信!スタミナ勝負に好枠の追い風ホーム

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。